« 自分のことをいくらダメだと思っても実は大丈夫 | トップページ | マン賃道中21 »

2018年4月18日 (水)

総理、もう十分である!

最近の小沢一郎の最期の決め台詞です。なかなかパンチが効いてる。

加計問題愛媛県など官邸訪問文科省に内閣府がメール

4月17日5時05分
加計学園の獣医学部新設をめぐり、3年前に愛媛県などの職員が総理大臣官邸を訪問した当日に、文部科学省の担当者が県などの訪問の予定について内閣府側から伝えられたメールが見つかっていたことが文部科学省の調査でわかりました。官邸の訪問について国の省庁の担当者の間でも情報が共有されていた可能性があります。
愛媛県は、加計学園の獣医学部新設をめぐり3年前の4月2日に今治市などと総理大臣官邸を訪問した際のやり取りを記した文書を作成し、内閣府などに配付したとしていて農林水産省は先週、省内で同様の内容が記された文書が見つかったとして公表しました。
文部科学省が調査した結果、この文書については省内に残されていないことが確認されましたが、訪問の当日に文部科学省の獣医学部新設の担当者が県などの訪問の予定について内閣府側から伝えられたメールが見つかっていたことがわかりました。
メールには本日15時に今治市などが官邸を訪れるなどと記されていたということです。愛媛県と今治市は官邸の訪問を認めていますが国の省庁の担当者の間でも情報が共有されていた可能性があります。

県が作成した文書には、当時、総理大臣秘書官だった柳瀬経済産業審議官が面会相手と記載されていますが、柳瀬氏は記憶の限り、お会いしたことがないとして面会したことを認めていません。

総理、もう十分である!

だけだと手抜きになるので、一応解説をしましょうか。
メールには本日15時に今治市などが官邸を訪れるなどと記されていたということです。
これが、2015年4月2日、内閣府から文科省に送信されており、見つかったという話です。

それでも安倍は知らぬ存ぜぬを貫き通すでしょうから、愛媛県庁で探してる柳瀬の肉声データ、そして、今治市にある黒の書が白の書になった時点で、全ての真相が明らかになります。これすなわち、安倍政権の終焉です。

黒の書
白の書

ゲーマーでは有名な、ニーアレプリカント、ニーアオートマタに出てくる古書です。
それに因んでニーアの曲を貼りましょうか。
NieR:AutomataOST
SongoftheAncients

小沢一郎事務所ozawajimusho日本の民主主義が壊れていく。立憲主義も民主主義も総理が毎日巨大な金槌でボコボコ壊している。権力は今や総理の玩具になり果てた。お友達のためにどんどん乱用、私物化されていく。大臣も次官も局長も秘書官も国会で嘘ばかり。その総理が今度は外交に血眼。言葉もない。総理もう十分である。
2018年04月17日11:52

« 自分のことをいくらダメだと思っても実は大丈夫 | トップページ | マン賃道中21 »